2012年01月14日

東京オートサロン2012に行ってきた

x2010-3.jpg


x1.jpg



明けましておめでとうございます。
気づいたら1ヶ月以上ブログを放置していましたw

東京オートサロン2012へ行ってきました。

目的はコンパニオンのお姉さん(あながち間違っていない)
IMG_9220.jpg



ではなく、Red Bull X2010の実物大スケールモデル
x2010-2.jpg


かなりデカイです。バットモービル並!
コックピットハッチがクリアパーツじゃないのが残念です。

でもボディパーツのディテールはなかなかの物。
写真は左フロントサスペンション
x2010.jpg


そしてX2010と言えば、ファンカー
ファンの回転によりマシンを地面に吸着させて、タイヤのグリップを高次元に保っています。
x2010-4.jpg


auto8.jpg


オートサロンはドレスアップの祭典であると同時に、レーシングカーのデモランも開催しています。
私は展示されている車より走っている車の方が好きなので迷わず、屋外イベントスペースへ


滞在時間3時間のうち、1時間は走行車両を観ていました。

まずはTOYOTA 86

N1仕様のマシンでデモ走行。
86-2.jpg


最前列を陣取り撮影!
24-105mmのレンズで流し撮りが出来るとはw
86.jpg


屋内の展示でも86は盛りだくさん。
86-3.jpg


BRZ SUPER GT300仕様
8r-brz.jpg


LEXUS IS F
セミオートマにも関わらず、ドリフト走行。
タイヤの焼ける匂いが凄まじい!!!
isf.jpg



松田次生選手が運転するNISSAN LEAF RC
rc.jpg


モータースポーツジャパン、ニスモフェスティバルでもDEMO走行を見ましたが、こんなに近くは初めて。

駆動方式はRRなので、かなりアクロバティックな走行もしていました。
松田選手の腕前も凄い。
rc3.jpg


タイヤ摩擦音だけが鳴り響く会場。
かなり不思議な雰囲気でした。
rc2.jpg



そして凄い感動したのがSUBARU 新井敏弘選手の4輪ドリフト!

凄い緻密なマシンコントロールで、狭い会場でダイナミックな走行を披露しました。
arai.jpg


この近さ!筆者からの距離わずか2メートル
arai3.jpg


道路脇でラリー観戦しているかのような、迫力でした。
arai2.jpg



そして最後に登場したのが MAZDA 787B
モータースポーツジャパンと同じく、Mr.Le Mansこと 寺田陽次郎選手がドライブ

787b-4.jpg



4ローターのサウンド!
お台場で見た時より遥かに近いので、腹に響きます。
787b.jpg


タイヤが冷えたままの低速走行
787b-3.jpg


グランツーリスモで聴く音と同じ!
787b-2.jpg



屋内展示スペース

ブリジストン
auto6.jpg


アルパイン
auto7.jpg



HONDA
モーターショーで見忘れたビートのEV版
honda.jpg


ハンドルではなく、スティックによる操作
一体どのように動かしたらカーブを曲がれるのか?
honda2.jpg


CR-Z 無限RR
カラーリングもなかなか
honda3.jpg



日産
auto4.jpg


スカイライン55周年モデルが展示されていました。
メタリックダークパープルが素敵
inifiniti-g.jpg



別のスペースでしたが日本未発売のINFINITI SUV
infiniti.jpg


非常に光量の少ないイベントの代表、オートサロン
写真の腕磨きにモッテコイです。
混雑した会場で1発でブレずに撮るのは本当に難しい。

auto5.jpg


auto92.jpg


auto2.jpg


auto9.jpg


auto91.jpg


auto.jpg


93.jpg
posted by Tager at 22:19| Comment(3) | TrackBack(0) | スポーツカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月21日

86

ニュルブルクリンク-北コース-.jpg


グランツーリスモ5をアップデートすると 86がプレゼントされる。

早速、乗ってみた。

ニュルブルクリンク-北コース-_1.jpg


200ps相応のパワー感しか無いが、ボディのバランスが素晴らしい!
コーナリング時の安定感!
曲がりながらもガンガンスロットルを開けることが出来る。
挙動を乱した時のリカバリのしやすさも抜群!

初乗り1発計測のタイムはというと
ニュル北コースを8分45秒

コーナーリングは素晴らしかったが、ストレートスピードが伸びない。

シャシー性能が高いので300psくらいのエンジンも搭載できそう!

グランツーリスモでは簡単にチューンナップできる。

カラーリングは失敗したが、、、
鈴鹿サーキット_2.jpg


鈴鹿サーキット.jpg


鈴鹿サーキット_1.jpg


鈴鹿サーキット_3.jpg


ダウンロードカーでGT-R 12年モデルも購入可能になってます。

ニュルブルクリンク-北コース-_2.jpg


さて、ニュルでのタイムはいかに?

時間ができたらアタックしてみよう。
タグ:86

2011年12月13日

TOKYO MOTOR SHOW 2011 -輸入車達-

IMG_8044.jpg

Audi R18 2号車 Le Mans優勝マシン

このマシンを見ることができ大満足!
東京モータショーに来た甲斐がありました!
IMG_8058.jpg


IMG_8056.jpg


SUPER GTで活躍するアンドレ・ロッテラー、ブノア・トレルイエが同じチームで参戦し、優勝!
IMG_8038.jpg


AUDI ALTRA
まるでウルトラセブンのアイスラッガーのようなマシン形状
空力的な効果は如何ほどか?
IMG_8033.jpg


IMG_8032.jpg



今年のLe Mans24hについて
http://tager.seesaa.net/article/209409711.html

最近日本国内でもブランド力が鰻登りのAUDI

S7の赤はとても綺麗でした。
IMG_8028.jpg



会場で一番人気が高かったブースはBMWでしょう。
このEVコンセプトマシンの人気がヤバカッタ。
未来の車ですね。
IMG_7910.jpg


IMG_7917.jpg


アルピナ
IMG_7919.jpg


個人的に輸入車で一番好きなのは C63 AMG
Cクラスがベースとは思えないほど、迫力のあるワイドフェンダーボディ

セダン
IMG_8010.jpg


クーペ
IMG_8014.jpg


IMG_8006.jpg


メルセデス Bクラスコンセプト
流れるようなラインがとてもグッドでした。
IMG_8003.jpg


同じくメルセデスで展示されていたコンセプトモデルの内装が凄かった。
重い人が乗ったら、割れそうなシート。
IMG_8002.jpg


カーズ
IMG_7935.jpg


フォルクスワーゲン サンバスの未来版?
全体的なフォルムはクラシカルですが、ディテールがスタイリシュで近代的です。
IMG_8023.jpg


非常に写真の数が少なかったですが、以上で東京モータショーの写真はおわりです。
あまりの混雑でまともに撮影できませんでした。。。
posted by Tager at 23:25| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月11日

TOKYO MOTOR SHOW 2011

IMG_7906.jpg



東京モーターショー2011に行ってきました。
motor show.jpg


今年は幕張メッセではなく、東京ビックサイトで開催

bigsight.jpg



しかし、何故か"ちーば君"が会場に紛れ込んでいましたw
幕張メッセだと勘違いしたのでしょうか。
chiba.jpg


今回のモーターショー
サブプライムで大打撃を受けた2009年より展示内容が充実していました。
アクセスしやすいこともあり、物凄い混雑。

1台の車に、二重三重と人が輪をなしていました。
撮影するためのベスポジ確保は困難。

本当に興味がある展示しか撮影しませんでした。
(ブログの写真は人が入らないように撮影したので、混雑模様は伝わりませんね)


本日は国産メーカーの写真をアップします。

今回、老若男女すべてにウケル全方位型の展示をしていのがトヨタ

ドラえもんは無敵だろ〜
家族連れを見事に取り込んでいました。
dora.jpg




そして86の公開

あまりに人が多くて全然見えませんでした。
一番混雑しているときは86を見るために60分待ちだとかw

よって富士スピードウェイで撮影した写真を代わりに掲載します。
86-2.jpg


86.jpg


86-1.jpg



ガズーレーシングのEVスポーツ
grmn.jpg


トヨタフェスティバルでも登場しました。
grmn2.jpg


自動車のエクステリアを自由に"着せ替え"できる車

花になったり、空になったり綺麗でした。
toyota.jpg



続いてレクサス

LFAのニュルブルクリンクパッケージ
lfa.jpg


そして、GS初公開
gs.jpg


フロントマスクの造形はかなり凝っています。
写真で見るより高級感を感じました。
gs2.jpg



どこでもドアで、混雑を抜けたい。
dora2.jpg


トヨタ・レクサスブースを見るだけで、かなりの体力的消耗

物凄い熱気から逃れて涼む。
keshiki3.jpg


keshiki.jpg



86を共同開発したスバル

86はスバルのアイデンティティ、ボクサーエンジンを搭載しています。
そしてスバル版 86こと BRZ
brz-2.jpg


BRZは並ばずに見ることが出来ました。

そしてSUPER GT300仕様のBRZ
brz300.jpg


brz300-2.jpg



マツダではコンセプトカー 魂動が展示されていました。
kodo.jpg


コンセプトカーを沢山作るものの、新車がなかなか出てこない。
ここで一発、魂動を市販化して欲しい。
kodo2.jpg



日産は電気自動車を中心に展示

リーフ
leaf.jpg


リーフRCはニスモフェスティバル、モータースポーツジャパンでも走行していました。
leaf RC.jpg


かなりの加速感と無音走行のアンマッチ感が不思議。
leaf rc2.jpg


leaf rc3.jpg


EVスポーツのエスフロー
esflow.jpg


EVともうひとつの目玉がニスモブランドのカスタムカー強化
売れ筋のJUKEがNISMOバージョンで展示されていました。
juke.jpg


スカイラインもアフターパーツ強化して欲しい。
INFINITIブランドで毎月全世界数千台売れている基幹車種なのに、カスタムパーツが少なすぎる!

休憩
keshiki2.jpg



グランツーリスモブースも大混雑
数分のプレイをするために30分待ち。家に帰れば同じ環境があるので回避。
gt5.jpg



3時間の滞在時間のうち1時間は部品メーカーの展示を観ていました。

アケボノブレーキ
MACLAREN F1マシンのブレーキパーツ
akebono2.jpg


アケボノで展示していた車両
akebono.jpg


それにしても、部品説明員につかまると、逃れられなくなる。
transmission.jpg


モーターショーの大半が、あまり車に詳しくないお客さん。
混雑の一方で暇を持て余している技術説明員が、詳しそうなお客を見つけると、大学の講義並みの説明をまくし立ててくる。

私もそこまで詳しくないが、部品をじっくり眺めていることが多いので、たいてい捕獲される。
トランスミッションの開発している人に捕まったときは20分以上、難しい物理学の講義を聞いてしまった。
頭が痛くなりそうだったw


車を駐車してあった、テレコムセンターでご飯を食べて帰宅。
21F展望台から。
yakei.jpg


yakei2.jpg


次回は海外メーカーの写真をアップします。
posted by Tager at 21:18| Comment(0) | TrackBack(0) | スポーツカー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年12月08日

Mac Pro 二重故障から復帰!

overview_hero2_20100727.png


Mac Pro を購入してから約3年、
HDDトラブル、メモリトラブルを乗り越えて来た。

ある程度のドラブルはすぐに解決できるが、今回はちょっと焦った。

11月27日の夜、トヨタフェスティバルの写真を編集しようとMacのパワーボタンを押すが、、、

起動しない。

パワーランプが高速で点滅している。
まずは、本体側面を開けて内部状況を確認

メモリーボードのアラームランプが点いている。
IMG_0205.jpg


原因は増設したElixirのメモリと考え、まずはメモリを取り外す。
IMG_0207.jpg


ヒートシンク付きの高級メモリ。
高いだけに、故障は痛い。

再び起動すると順調に起動。

その後、ブラウザでネットを閲覧していると突然、画面がスタック

画面がモアレ状になる。
IMG_2027.jpg


今ままで見たことがない症状だったので、かなり焦った。

パワーボタンを長押しで再起動。

今度は起動画面が、、、
IMG_2028.jpg


パワーボタンの長押しでのオンオフを繰り返し、やっと起動。

1時間くらい写真管理ソフトで作業し、フラッシュメモリから画像を転送中

再びこの症状。
画面がおかしいだけでなく、マウス・キーボード操作も受け付けなくなった。
IMG_0214.jpg



マザーボードが逝ったか??
Mac Pro買い替えとなると20万円以上飛ぶ。

冷や汗をかきながら、何度も再起動を試し、やっと起動

途中で強制終了させてしまったApertureを確認すると
転送中の画像保存は無事完了して、サムネイル作成もOK

どうやらCPUは正常のようだ。

ネットでMac Pro (Early 2008)の故障事例を探していると

ATI Radeon 2600XTが、悪名高いと知った。

Mac Pro(Early 2008)発売直後に故障が相次ぎ
数カ月後にアップルが無償交換に応じたとのことだ。

グラボに当たりをつけて、
交換用のグラボを探していると、いい製品を発見。

Mac Pro(2009)のパーツとして販売している
NVIDIA GeForce GT 120

アップルとして検証していないようだが、クチコミによるとEarly2008にも搭載できるようだ。

グラボが真の原因か分からないが、イチかバチかでアップルストアで購入。

IMG_2039.jpg


部品交換
IMG_2042.jpg


GT120はDVI×1、mini Display Port×1

mini Display Port→DVI変換アダプタを購入して、デュアルディスプレイ接続
displayport.jpg


無事復旧した!
交換後.png


その後、動作が快適になり、正常動作に戻った。

壊れたMac Pro用物品
故障物品.jpg

posted by Tager at 23:07| Comment(3) | TrackBack(0) | Macintosh | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。