2011年05月31日

【写真特集】帰ってきたNAKJIMA

11-r.jpg


元F1ドライバー 中嶋一貴選手
今シーズンより 日本のレースに復帰。チームはペトロナス トムス

2007〜2009年、名門ウィリアムズでフルタイムドライバーとしてF1参戦。
2008-f1.jpg

(2008年 F1日本グランプリで撮影)

2009-f1.jpg

(2009年 F1日本グランプリで撮影)

2009年シーズンをもって、F1を離脱。
パフォーマンス不足に加え、トヨタからウィリアムズへのエンジン供給契約が終わったのも原因か?


年末のトヨタフェスティバルでは、トヨタF1ラストランも務める。

奥のピントが合っている方が中嶋選手
09-toyofes-f1.jpg


手前は現在 ザウバーで活躍中、可夢偉選手
kamui.jpg


このフェスティバルで、ペトロナスへの移籍を予言する瞬間を目撃した。

トヨタフェスティバル ペトロナストムス エースドライバー 脇坂選手の挨拶
toyo-fes.jpg


左から脇坂選手、トゥルーリ選手、可夢偉選手、中嶋選手、片山右京さん


そして、この後、歴史的瞬間が!
toyofes-akushu.jpg


世紀のシート交代の瞬間?
09-toyofes.jpg


というのは冗談です(笑)
おそらく先輩に挨拶をしていたのでしょう。

2010年はF1復帰を諦めず、参戦予定だったステファンGPと交渉していたと言われています。
2010年トヨタフェスティバルで中嶋選手は日本のレース復帰を宣言。

絶対エース脇坂選手との交代は、かなり驚きでした。
でも、将来トヨタを背負っていく選手と期待してのチーム編成だったのでしょう。


そして2011年 SUPER GT開幕戦 富士スピードウェイ

さっそくフリー走行でセッティングを確かめる中嶋選手
2011-pt.jpg



決勝は、お父さん「雨の中嶋」譲りの安定的な走り。
2011-r3.jpg


2011-r2.jpg


2011-r5.jpg


2011-r4.jpg


富士、岡山と続けて4位。
日産GT-R勢のライバルとなることは間違いないでしょう。

現在のSUPER GT 500クラス ポイントランキング

1位 26ポイント

23 本山 哲
ブノワ・トレルイエ 


2位 20ポイント
12 松田 次生
J.P・デ・オリベイラ


3位 16ポイント
36 アンドレ・ロッテラー
中嶋 一貴


4位 15ポイント
6 伊藤 大輔
大嶋 和也


s.jpg

モータスポーツランキング参加中。スカイラインをクリック!

posted by Tager at 22:59| Comment(1) | TrackBack(0) | SUPER GT  | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
An challenging talk may ensue meaning account. I consider that you should make a great deal with this matter, it energy not indeed live a preconception lower then again normally stop mostly are not as much as necessary in enjoin to verbalize regarding particular matters. Near the succeeding. Cheers such as your Khmer Karaoke Stars ≫ Somnangblogs.
Posted by shoe insoles for height at 2013年08月12日 04:27
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/205996493

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。