2011年04月08日

モナコGPで自動車乗り比べ。X2010,F1,787B,Alfa Romeo,BUS

F10-front.jpg

久しぶりのグランツーリスモ。
時々プレイしないと腕が鈍ります。

さて本日はリハビリも兼ねて「モナコGPマシン乗り比べ」

時代、用途、レースカテゴリーの異なる名車でモナコGPレースこと、「コート・ダジュール」を走ってみました。
記事を読み進めていくほど高速になっていきます(笑)

TCSなど補助装置をオフにして走ってみました。
ダウンフォースMAX、低速重視のセッティングを施しています。


Volkswagen TYP2(T1) SAMBABUS
コート・ダジュール_3.jpg

コート・ダジュールの素晴らしい景色を楽しむにはモッテコイのマシンです(笑)

これでも結構攻めています。縁石乗っているでしょ。
トンネル出てからの窓からの風景に注目。


3分かかってしまいました。。。



ALFA ROMEO 8C COMPETIZIONE
8c-gt5.jpg

全世界500台の限定生産 価格は2200万円

マセラティ製の3.2L V8 ツインターボエンジン。
アルファロメオがチューニングし官能的なエンジンサウンドに仕上がっています。
トランスミッションはFerrariのF1マチック。

昨年のコンクール・デレガンスにも出展されていました。(お台場で撮影)
モナコの街並みによく似合う素晴らしいデザインです。
8C-odaiba.jpg





タイムは1分40秒643



MAZDA 787B
日本車初のルマン24時間制覇。(お台場で撮影)

787b.jpg

とてつもないパワー。軽くアクセルを踏み込んだだけで、ホイールがスピンします。
踏み続ければ延々と回り続ける(笑)

特に低速コーナーでのマシンコントロールが非常にシビヤでした。
セッカチに速くコーナーを立ち上がろうとするとコンクリートウォールにドスコイします。
またワイドボディのため壁の隙間を高速で縫うのに苦慮しました。

プレイ映像はステルスモデルです。
アールヴァイラー-城門.jpg


ヘアピン後のドライバーズ視点。デジタルメーターに注目!

恥ずかしながら、2,3回壁に擦ってますね。

タイムは1分23秒942



Ferrari F10
コート・ダジュール_2.jpg


フォーミュラ1 Ferrariの2010年型マシン
一発の速さはレッドブルに劣ったが、レースを通しての速さは流石Ferrari。
最終戦惜しくも優勝を逃したアロンソ。世紀に残る大勝負でした。

2010年モナコGPでのマッサの予選ラップ1分14秒283。
私はRed Bullマーク・ウェバー ポールポジションタイム1分13秒826 を目標に走ってみました。



見事?ポールポジションタイムをコンマ5秒クリア。
タイヤに悪い走り方です(苦笑)

今度はドライバーズ視点で御覧ください。



タイムは1分13秒338


Red Bull X2010
コート・ダジュール.jpg

F1と比べてどのくらい速いのか?という好奇心で走ってみました。
トランスミッションは最高時速420km/hにイヂっています。
ダウンフォースが凄いため、コーナリング中にアクセルを踏み込んでもホイールスピンはしません。
5周走ったうちのベストラップ。



F1より20秒速いラップタイム!
もちろん1倍速です。

今度はドライバーズ視点で御覧ください。


非常に雑な運転で失礼。。。
F1から乗り換えると強烈なオーバーステアです。
真横にマシンが曲がる感覚。しかしステアリングがニュートラルになるような速度で侵入しなければいけません。
人間の眼は凄いですね。最初は半端ない速度だと思っても、すぐに慣れてきます。

タイムは53秒750

さて今週末はF1マレーシアGP。
ケーブルテレビが無事開通!ノーカット生中継が楽しみ。

追記
X1 モナコGP
http://tager.seesaa.net/article/205498957.html

s.jpg

モータスポーツランキング参加中。スカイラインをクリック!

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。