2010年12月22日

WRC セバスチャン・ローブを追い越した!ラリースーパープレイ

京都-祇園.jpg


試験から解放され、ますます気合が入るグランツーリスモ5。
少ない時間を存分にプレイしています。

今日の話題は「スペシャルイベント セバスチャン・ローブ ラリーチャレンジ」と「フォトモード」です。
http://www.gran-turismo.com/jp/products/gt5/special/

1週間近くプレイしていなかったので、リハビリで ラリーチャレンジをプレイ。

「トスカーナ」と「シャモニー」は難なくゴールド獲得しましたが、「アイガー北壁」でドツボにハマりました。

アイガー北壁-Kトレイル.jpg



ゴールドの目標タイムは4分8秒。

1回目のラップは4分30秒。全然追いつきません。
2回目は頑張って4分25秒。ブレーキを我慢した結果、5秒縮めました。それでもまだまだ20秒弱。。。
3回目、4回目と続けてプレイしてやっと出した4分15秒。
ネットでも「アイガーは鬼門」と書かれていて、気持ちが挫けそうになりました。

あと何回かプレイしてダメだったら諦めようと、背水の陣で挑んだ5回目。
思い切ってトラクションコントロールを0にして、運転補助装置を外して ラストアタック!

いきなり タイムが短縮!自分の中で何かが弾けました!
(tager プレイ動画。HDでお楽しみください。右下を720pへ変更すると画質改善します)


なんとゴールドより遥かに速い3分59秒台。

ネットの攻略サイトでも
「ゴーストに追いつけとか言われてるが、別に追いつかなくても見える範囲なら十分ゴールドまでいける。ゴーストが一息先に発進するため、実質追いつけない。」

と書かれていましたが、追いつけ追い越せでローブ様をブッちぎってしまいました。
いや〜 プレイは完璧だったのにTCSが加速性能に対して悪さしていたんですね。

私が考える、ラリーコースクリアに必要なスキルは

(1)コーナー進入時に車体の向きを、コーナー脱出時の状態に傾けておく。
(2)コーナリング中にアクセルをコマメに踏んで、トラクションをかけることで車体を曲げる。
(3)左足ブレーキを使って、こまめなスピードコントロールをする。
(4)コース幅を一杯に使い、できるだけ直線的なライン取りをする。

です。

ご機嫌を良くして 愛車でも同じコースを走ってしまいました。
アイガー北壁-Wトレイル.jpg


と、ここで一つ目のお題はおしまいです。

お次の話題は「フォトモード」について。

グランツーリスモには「高度なシミュレーター」だけでなく「高度な写真撮影機能」も実装されています。
今日のブログに貼付けたすべての画像は リプレイ映像のスクリーンショットです。(リアル写真は一枚もありません)

マクラーレンMP4/12-C
レッドブル・ハンガー7.jpg


撮影アングル、焦点距離、絞り、シャッタースピード、ホワイトバランス など非常に細かくセッティングできます。
写真好きのtagerとしては「フォトモード」だけでも一日中遊べます。

愛車(カーボンボンネット装着)
京都-青蓮院.jpg


また特殊効果を加えてオモチャ風にも写せます。
トヨタ7@モナコ。黄緑のヘルメットがtagerです。シャパラルレースカーとの激闘。これは苦しかった。
コート・ダジュール.jpg


ランボルギーニ。フロントバンパーぶつけてダメージをおっています。ヘッドランプのガラスが外れるところです。
ローマ市街地コース_1.jpg


撮影した写真は PS3のマイフォトに書きだして、USBで抜き出せます。
GT5のホームページにUPすると若干画質が落ちてしまいます。


こんな風に 現実的には撮影困難な写真も!

MAZDA FURAI をローアングルから流し撮り。イルミネーションとのマッチングを意識しました。
スペシャルステージ・ルート5.jpg



超 近未来的なデフューザーです。
スペシャルステージ・ルート5_1.jpg


今後も「リアル写真」と「GT5写真」の2本立てでブログ更新していきます。

今年中にレッドブルX1獲得したいな。

s.jpg

モータスポーツランキング参加中
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。